PUENTE 手紡ぎカシュクールベスト(紺藍)

  • 45,000円(税込49,500円)
アルパカの手紡ぎの毛糸を伝統技法で「紺藍」に染色し、
手編みで編まれた特別なカシュクールベスト。

透き通るような藍の色、やわらかい風合いがうつくしいです。



ー 紺屋仁の本建て正藍染め ー

三重県松坂市の紺屋仁は、室町時代から続く、
日本古来の本建て正藍染めをおこなっています。

漢方本来農法(大地に漢方を処方)で、
藍を自ら無農薬で育て、藍草の葉を乾燥し、
水を打ち発酵させ、原料の蒅(すくも)からつくられています。

堅木の木灰からとった灰汁のみで藍を建て、
維持管理には貝灰、麩(ふすま)灰汁のみを使用。

遠赤外線効果でアルパカの温かさがさらに増すそうです。

本建て正藍染めは、
ウールの素材を傷めず、染めることができ、
堅牢度が高く、色移りがしないことも特長です。

アルパカの風合いは生かしたまま、
うつくしい藍色を出すのには高い技術が必要です。

この作品には大地の恵みと、
職人さんの技術力が込められています。




カシュクールベストは、
カシュクール部分をひもでしばってベストとして着たり、
開けてベストカーディガンとして着たり、
さまざまなシルエットをおたのしみいただけます。

体幹をあたため、腕を出すベストは、
寒い季節の冷えとりスタイルにも大活躍。

冷えとりのおとも、防寒対策としてぜひ。




◎PUENTE 手紡ぎカシュクールベスト(紺藍)

□ご案内事項
・藍染は藍の粉体のようなものは、繊維に付着させることで、色がつきます。そのため、粉体が摩擦により剥がれ落ちると、下に着ているシャツや羽織にうっすら藍色の粉体がつくことがあります
・粉体は手洗いをすれば落ちますが、薄い色のインナーの場合、ご注意をくださいませ
・お洗濯のさい、ほかのものと一緒に洗っても色移りをすることはありません

□素材
アルパカ 100%(手紡ぎ・手編み・正藍染)

□カラー
紺藍

□サイズ
着丈 54僉⊃班 46
*手編みのため、実際の寸法が若干異なることがあります
(モデル身長161僉

□生産国
ペルー

□メーカー
PUENTE


<PUENTE>

「プエンテ」は、自然素材・手仕事・つくり手とのつながりを大切に、アルパカ素材を使用しからだをあたためるものを作っているブランドです。ボリビア、ペルーで、編み物や織物をして生活するつくり手たちの手仕事を、日本に紹介したいという落合裕梨さんの強い思いから誕生しました。

ペルーの村では手紡ぎ、ボリビアでは機械で紡いだアルパカの毛を、手編みもしくは手織りで、丁寧に時間をかけて作品に仕上げていきます。

「プエンテ」では、スペイン語で“手紡ぎコマ”を意味するペルーの「Rueca(ルエッカ)」シリーズ(手紡ぎ糸使用)と、“手”を意味するボリビアの「Mano(マノ)」シリーズ(機械紡ぎ糸使用)を展開。

標高4500M程の厳しい寒さの中で育つアルパカの毛は、保温性にとても優れています。さらに、人々の手仕事の過程で空気がほどよく含まれ、よりあたたかく感じられます。

“架け橋”の意味を持つ「プエンテ」というブランド名は、アイテムを通して地球の反対側にいるつくり手のことに思いを馳せてもらえたら、という落合さんの願いが込められています。

やさしくあたたかい「プエンテ」のアイテムは、身につけた瞬間から、こころとからだに安らぎを与えてくれるようです。



販売価格 45,000円(税込49,500円)
購入数