店長・福太郎日記
2022.06.25

365日分オラクルカードのおまけ



今もなお復活をご希望のお声をちょうだいすることの多い、日めくりコンシャスプランカレンダー
(2020年までつくっておりました! うちのヒット商品でした!)

じつは各年不良品対応などで少しずつ在庫を残しておりましたが
このたび! というか少し前から!
ウェブショップでご購入いただけたお客様、しかもうまく同梱できる場合のみ
過去の日めくりカレンダーをおまけでつけさせていただいております



過去の年の日めくりですから、カレンダーとしての用途としてはご利用いただけませんが
・メモ帳として
・コンシャスプランをオラクルカード的にひく遊びとして
・365日分の日記として
・裏面に今年のカレンダーを手書きすれば今年のカレンダーにもなります・・・
などなど色々とご利用いただけます


先日、お目当てのオラクルカードを買おうとしたら、売り切れてしまい、しょぼんとしていたけれど
mmbsのおまけで、この日めくりカレンダーがついてきて、これをオラクルカードにすればいいのだ!
と気分が上がった! というお便りをいただき、なんと! 前向きな! と心地良い衝撃ととともに
いや、ほんと、そういうことですよね! という賛同の気持ちを抱いたのでした

数量限定ですが、おまけでついてきたら・・・、そういうことですので!!
よきようにお使いいただけましたらさいわいです!

2022.06.24

プレゼンしてもらったことをプレゼンするひと



タイトル通り、素晴らしいプレゼンをしていただき、感動して
自宅に持ち帰ってみんなにもプレゼンしました

空想と現実のはざま、プレゼンしてくれた方々が落としてくれた種はかならず実る

みなさんに遊びに来てもらうあたらしい場所づくり
すこしずつ進んでいきます

2022.06.21

夏至です



なんとか3つの田んぼに稲を植え終わりました
左上の田んぼと比べると、ほんとうに泥遊びでできた田んぼのよう
それでもけっこう収穫できます!
これからも田んぼの報告いたしますっ

あと1つか2つちいさな田んぼを作りながら、少量の稲を植えます

田んぼを作りながら植えていくのは、かなり体力的にしんどい
けれど今までの経験がいきて、良いタイミングでできている気がします

今日は夏至です。
夏っていいよな〜!

2022.06.08

4ヶ月ぶりの更新であります



4ヶ月ぶりの更新であります・・・
田んぼには、もう稲が!
今年はメイン田んぼを一本植えでいってみました!

ウェブショップも今年は最長の夏休み(7月上旬〜8月いっぱい)をいただく予定です
夏休み明けの子どものように、9月にさらにゆるんでたのしいウェブショップにメタモルフォーゼします!
みなさんにとって、さらにゆるんで楽しめる場所になったらいいな、と思います
残りの田んぼも今週中にできたらいいな
またこちらにご報告します!

2022.02.23

みれい音のちいさな宇宙



服部みれいのあたらしい表現が始動しました!
ここ最近、いやここ何年も、みれいさんの中で「あたらしい表現にチャレンジする」というものがあったような気がします。(本人未確認ですが、傍で見ていて)
いろいろな人やことやものに触発されて、こうしてはじまったあたらしい表現


みれい音のちいさな宇宙 3月号
はじまりはちいさくちいさく……
ぼくはmurmur magazineのはじまりには立ち合えていませんが、このはじまりに立ち合えたことをうれしく感じます
みなさまにもぜひぜひこのちいさな宇宙のはじまりを共有していただけたらなによりうれしいです!

2022.02.17

ウールソックスからあたらしい視野



先日、ふとウールソックスに出会い、試しに履いてみたら、締めつけ感なく、それでいて丈夫で、これはいいな! と思い、仕入れさせていただくことに。
わたしたちが仕入れさせていただくサイズは外国製のLargeサイズなのですが、「大きすぎて人気がないので、今後は取り扱わないつもりです」と卸元さんに言われてしまい「いや、めっちゃ需要あると思うので、うちがたくさん頼むから取り扱ってください」とお伝えしました。おかげかどうかわかりませんが来季もLargeサイズのウールソックスの仕入れができることになりました。

冷えとりソックスというものに出会い、世の中には、こんなにも足に心地良いものがあったのか、という感動を今でも覚えています。
まだ前の会社に勤めていた頃、このマーマーなブックスアンドソックスで買ったのです。
当時のぼくはまさかそのwebショップの店主になるとは夢にも思いませんでした。

だか時はたちッ!!! 今じゃ妖精おじさんッ!! 妖精発送ッ!!!

あの頃のぼくのように、お客さまに「こんなものが世の中にあったのか!」というものを、お届けできているといいな、と思います。
このウールソックスとの出会いも自分の中でひろがりがあります。
日本でカバーソックスをつくるとなると、なかなか大きさや締めつけ感のことなどでハードルが高くて、どうしても視野が狭くなり、あまり多くの選択肢を提示できずにおりましたが、外国では30センチ、30センチオーバーの足のサイズの方はたくさんいらっしゃるのですね、外国のサイトを見ていると、そういう方向けの靴下がたくさん並んでいます。
ひとつ視野があたらしくできるだけで、目の前の景色が一変しました。
外国の手編みソックスは、おばあちゃんたちが編んでいる、やっぱり配色が素敵だなぁ、けっこう単価が安いぞ、どうしてこの値段でできるのかな、羊の種類なるほど、アランニットはそういうことか、では日本はどうだろう、日本でもおばあちゃんたちがつくっているな、サイズと価格の問題をクリアできるかな、人件費ってなんだろう、そもそも靴下の価格はこの価格でいいのか、エトセトラエトセトラ
無思考に仕事をしていたつもりはなかったけれど、自分の中の既成概念がガッツリ出来上がっておりました。
あらためて視点を多く持とうと、それは意識的にやっていこうと、思いました。そしてこのお店にお客さんにしっかり還元できるように!

2022.02.09

もうすぐ春ですが



だんだんと春っぽい空気がそこかしこにあらわれ出した美濃です。
みなさまのところではいかがでしょうか
ふだんの年は、いつも暖かくなってから畑や田んぼの仕事をはじめるのですが、今年は冬から準備をすすめております。いっけん田畑の生き物たちの動きがないように見えるのですが、最近、作業をしていると生き物みんなの気配をより濃く感じるようになりました!
昨日は、土をおこす作業をしたのですが、冬眠中のカエルちゃんなどを起こしてしまったりして…、まだもう少し土を掘り起こすのは待とう! と思いました。起こしてしまったカエルちゃんは再び土の中に戻しました。
そういえばこの前、自然教室の先生に面白い話を聞きました。
冬眠する生き物たちはより暖かい場所に集まって眠りに入るそうです。その時、食べる食べられるの関係にあるカエルとヘビが寄り添って冬眠していることがよくあるそう!

寒い時は寄り添いあって、という自然界の暗黙の了解というか、面白いなぁ!と思いました。ちなみに冬眠から目覚める順番がちいさい生き物からなので、先にヘビが目覚めてカエルをバクッと食べちゃう、ということはないそう!
おおらかだなぁ〜!と、ひとつ思い込みがはずれた話でした!(食物連鎖の関係性について)

わたしたちも春にむけて、まだまだエネルギーをため込んでいきたいと思います!

あっでもあたらしい取り扱い商品を2月中に色々とご紹介出来そうです!
お楽しみにッ!!
2022.01.11

声のメルマガ 2022



2022年がはじまって、あっという間に10日が経ってしまいました……
まだ年末の大掃除も終えていないのに……年始の大掃除も出来ていないのに……
こうなったら旧正月前後目標で掃除はすることとしよう!

声のメルマガ『服部みれいのすきにいわせてッ 2022』は1月6日よりスタートしております
今年は配信方法もバージョンアップしてお届け!……するつもりが、なんと初回から配信に不備があり…………
6日の深夜までリスナーのみなさまにお聴きいただけないこととなってしまいました。
楽しみにしていただいていたリスナーのみなさま、ほんとうに申し訳ございません。

配信不備の原因につきましては1月2回目(1月13日配信)の声のメルマガで説明させていただきます。
結果的に1月2回目から、元の配信方法でみなさまにお届けさせていただきます。

1月2回目配信からゲストの方が登場します! どうぞお楽しみにッ!
いつものことながら計画や予定はないのですが、今年は宇宙タイミングでたくさんの人にゲストにお越しいただけることになりそう! という予感はあります!
(「予感がなにより正確ッ!」『妖精おじさんのテキトーなつぶやき』より抜粋)
今年も、みなさまと声のメルマガ泉に集えること、みれいとぼくのなによりの喜びです!
素晴らしい1年にしましょーー!!!!!!!!

ちなみに声のメルマガは1月いっぱいのお申し込みまでの受付となります。
2月以降の受付はしない予定です。
気になっている方、ぜひぜひぜひ! 声のメルマガ泉へお越しくださいッ!

2021.12.31

2021年最後の日



ここ最近あたらしい発送スタッフさん(おふたりの妖精さん)に、最終梱包をお任せすることが多く、久しぶりに昨日12月30日と本日2021年最終日である12月31日に最終発送を担当させていただきました。
いやー、とても楽しかった!
やっぱり最後にお届けものを包ませてもらう仕事は格別に楽しいです!
ひとつ包むごとに自分自身も発送場所もマーマーなブックスアンドソックスも、幸福感が増す
ひとつ包むごとにお届け先と繋がれる
不思議なリンクは、ほぼ毎日起こります。
なぜか同姓同名の方、お二人に同じ日にお送りすることになったり、一字違い、お名前だけ一緒、漢字だけ違う、なんて方々にお送りすることはほんとうにしょっちゅうですし、なぜか佐賀県の方ばかりに送る日とか、そういう不思議な縁というかリンクも見させてもらえる仕事です。
昨日は莉恵子さんというお名まえの方がお二人、しかもちょうど一番最初にお包みした方と一番最後にお包みした方のお名まえでした!一瞬「デジャビュ!!???」と思い、既に包んだダンボールを見返してしまいました。
(デジャビュ、は映画マトリックスにハマりすぎているからかな……)

2021年、たくさんのご縁やリンクを見せてもらい、そんな体験のご縁を全国(全世界)のみなさまからいただけていることが、ほんとうにし・あ・わ・せ・だぁーーーーーーーーーー!!!!! と心で大声で叫びながら、本日今年最後の発送を終えました。
2022年、ますますたくさんのご縁やリンクをいただき、そしてみなさまにちゃんと還元できるよう、楽しんで、楽しんで、楽しんでいきたいと思います!
どうぞどうぞ一緒に遊んでいただけましたらさいわいです!!

2021.12.27

つぶやきフクタロウ 3



今年13回目の福が服
いやいいんですよ、服好きだし
この画像を見ても何のことかわからない人多数と思います。それぐらい自然


2021.12.20

だよとたよ



いま繰り返し聴いている曲があります。
murmur magazine for menにモデルとしてもご登場してくださり、みれいさんとのインスタLIVEでも2度ほどご登場いただいた小木戸利光さんのtokyo blue weepsの『Ascending Light』という曲なのですが……聴いていて、すごく奥に響くというか、心地よいのです。
なぜでしょう。
直感的にははじめてこの曲を聴いたときにその訳がわかりました。
前置きしてしまいますが、直感を説明することはとても難しく、説明すれば説明するほど意味不明かもしれませんが、

それは”たよ”と”だよ”にあるんじゃないか、と思うんです。

話はちょっとはずれます。
1ヶ月ほど前、偶然、語り部をされているアイヌのおばあちゃんのお話を幸運にも聴くことができました。
北海道の端っこのほうのとある場所にて。
そんな予定はなかったのに、たまたまお会いできて、アイヌの民話をひとつだけお話していただきました。
お話をしていただいた後、どうしても聞いてみたかったことがひとつだけあって、その質問をしました。
それは「アイヌの人たちにとって川はどんな存在だったか?」ということで、なぜ聞きたかったかの話はまた今度させていただくとして、そうしたら「わたしの頃はもうだいぶアイヌの文化がなくなってきていたけれど」と前置きをされた後にこんな話をしてくれました

”わたしの夫は、アイヌの人ではないのですが、アイヌの両親とわたしと夫で川でバーベキューをしたことがありました。
夫が川におしっこをしたとき、父が「そんなことしちゃだめなんだよ。川には神様がいるから、川の水がけがれるようなことはしてはだめなんだよ」と言ったんです”
(川のお話は他にもしてくださったのですが、ここでは割愛)
”それからこんなこともありました。夫がわたしの実家の薪ストーブに鼻をかんだちり紙を「燃えるから」と投げ入れたとき、やはり父が「そんなことしちゃだめんなだよ。火の神様をけがすようなことをしちゃだめなんだよ」と言ってくれたんです。”

このアイヌのおばあちゃんのお話、すごく耳に残ったんです。ことばの通り耳にずっと残ったんです。
その日に帰りの飛行機に乗ったのですが、幸運にも録音していたので、帰りの飛行機の中でずっとリピートして聴いていました。
話の内容というよりはおばあちゃんの声、話し方、もっというと音に出てきていないところとか、そういうところがすごく心地よくて
でもなんだろう? って、なにが心地よいのかな、って突き詰められていない感じがしたんです。

そして冒頭の『Ascending Light』を聴いたときに…………、
あぁ、そうか、これかも、と
”だよ”と”たよ”だ、と
あっこんな途中で説明も変ですが「そんなことしちゃだめなんだよ」の”だよ”です。文末にくる”だよ”と”たよ”です。

無理やりっぽいのですが、じつはこう思うに至るには、もうひとつありまして…………、
それは、これも今年に入ってから、どハマりした羊文学という3ピースバンド、まだ全員20代前半の若い人たちなのですが(とても人気があるので説明いらないか)、その羊文学の曲の歌詞によく”たよ”と”だよ”が出てくるんです。
もうとにかくこんなに同じバンドの曲を聴き続けるのは小学生の時のCHAGE&ASKAぶり、というぐらい、すごく聴いていて心地よくて。

そうなんです。
『Ascending Light』の小木戸さんが歌う”だよ”と”たよ”と、羊文学ボーカルの塩塚モエカさんの歌う”だよ”と”たよ”と、アイヌのおばあちゃんがお話ししてくれた”だよ”と”たよ”が繋がったんです。

3人ともほんとうに”だよ”と”たよ”がいいんですよ!!
他の誰にも出せないような”だよ”と”たよ”なんです。


すみません。この話にオチはありません。
でも”だよ”と”たよ”これからも研究してみようと思います。
もしかしたら、今のことばが生まれた頃の、いや生まれる前の、なんか響きみたいなものが隠れているんじゃないかな
なんて思うのです。


2021.12.18

達郎さんと見た虹



2週間ほど前から達郎さんという方が”妖精おじさん交流”ということで、マーマーなブックスアンドソックスに遊びにきてくれています。
遊びといっても、おもに拭き掃除で遊んでいただいているのですが、そのひとがその場所にいるだけでおこる自然反応のようなものがあって、達郎さんはとってもその反応が妖精的というかあたらしいというか、とにかく今までのぼくたちの周りにはいなかったタイプの妖精さんだと思っています
その達郎さんをぼくの愛車”ベンツ君”(実際はベンツではなく三菱なのですが…)に初乗車いただき、車を出した瞬間!!
なんと前方に鮮やかな虹がかかっていました

ぼく「うわぁ!虹だ!」
達郎さん「おぉ!やっぱりかかりましたね!」(うーん、このへんの表現も”妖精おじさん”っぽいですよね)
ぼく「こりゃ、いいことありますね。いいことの兆しですね」
達郎さん「はい!なにかのメッセージで間違いないと思います」


この時、ぼくは色々な変化の時を迎えている達郎さんへのメッセージだと思って、喜んでいたのです。自分のことはさておき。
でも、これぼくへのメッセージでもあるなと、1日経って思い直したのです。

冒頭の絵は、ちょうど10年前に描いていた絵で『にじのかお』という絵本をつくっていたときの絵です。
結局完成には至らず、じつはほとんどの絵をエムエム・ブックスに入社するときに破り捨てたので、少ししか残っていないのですが、約10年経って、今、ありがたいことに、絵を本格的に描く時間を持つことができています。
そしてもう一回、この『にじのかお』も描いてみよう、とさきほど思い立ちました。
達郎さんと虹を見たからです。
そしていっきに飛んでしまう表現になるかもですが、虹を見たときに、その虹を、”自分の虹””自分への虹”、つまり虹をみたことの意味を自分にではなく達郎さんに見出した自分だったから、そう思えたのかも、と思うのです。
以前だったらなんでもかんでも”自分の虹”にしてしまったと思うのです。
逆説的ですが、虹を見ても”自分の虹”でなくなったとき『にじのかお』が描けるようになったのかも、と思うのです。

これから迎える冬至や大転換期も、そんな風にこえていけるといいな、と個人的に思います。


『にじのかお』に出てくる親子です

2021.12.17

つぶやきフクタロー 2



まじでマトリックスレザレクションズよかった
たぶんもう一回観にいく


※画像はこの前行った北のほうの岬の写真です。肉眼でも太陽の光がすごかったのですが、フィルムカメラでもなぞなものが写ってました

2021.12.16

ある日 マルーンラブ

ある日の妖精おじさんのかっこうです
特注色のマルーンラブ、ほんとうにいい色です!
Mサイズはだいぶ数が少なくなってきました。Lサイズもそんなにないです。
肌寒い朝、靴下カゴ(みなさんの靴下ストックは箱?カゴ?引き出し?)に
マルーンラブ色があるだけで、とっても気持ちが良いですよ!
売り切れ前にぜひ!


まりももマルーンラブ色ッ!




2021.12.14

福雑記 3

昨日、今日と寒いですが外でペンキ塗りをしています
発送場の棚を明るくしようと急に思い立って!

もともとは自転車屋さんで使われていた棚、古道具屋さんで出会いました!
(別場所の実店舗エムエム・ブックスみのも元は自転車屋さんでした)

一通りアイボリー色に塗った後に、一番上の部分に看板っぽく描きたくなりました。
ペンキの色のストックはペールイエロー、ペールブルー、2色とも淡くて淡くて……

思い切って屋号を描いてみました!


めっちゃ文化祭っぽいクオリティーに脱力!
りきまず、おおらかにほがらかに発送させていただきたいのだから、これでいいのだッ!
と自分に言い聞かせました。


棚板も一枚ずつ水拭きいたしました。
一枚一枚いい感じです。

今年は年末年始に一気に大掃除ではなく、こうしてじょじょにいきたいと思います。



あたらしく生まれ変わった棚にお気に入りのものを並べたら、射的ゲームみたいになりました。
まぁまぁな射的ゲーム。ぼーるぽむぽむぼーいでやわらかく、ぽわ〜ん、と当てるゲーム、倒さない、むしろ当てて倒れなかったらもらえるゲーム。
やろうかな


2021.12.13

福雑記 2

今日は声のメルマガの収録日でした!
ほぼ毎週収録(月4回)、おかげさまで本日収録分含めてあと2回で一年間の収録を終えることになります。


またすぐに2022年の収録がはじまるのですけれどね。

2022年度の声のメルマガお申し込みもスタートしております。
というか来年は1年間トータルでのお申し込みのみ、とさせていただき、
しかも12月中にお得な早割受付、来年1月に通常料金での受付、この2択しかご用意がありません。

これは、みなさま……
お申し込みをご検討の方はぜひともお得な12月中にお申し込みください!
ぼくたちとしては12月中に皆さんにお申し込みいただけたらなによりうれしいです!!

2022年、どんな年になるのでしょう。うーん。
どんな年になっても皆さまと一緒に週一度の”泉ミーティング”ができたら!
それはそれは楽しみすぎる2022年しかありませんッ!!


2021.12.11

福雑記 1

朝、暖炉に火を焚くとすぐに猫のあたり君が暖炉の前の特等席に陣取ります。
さらりと”暖炉”といいましたが、今年ついに我が家に暖炉ができたのです! 
正式名はメーソンリーヒーターというそうで、レンガで出来たロケットストーブのようなものです。
これがほんとうに長時間じんわりあたたかいです!
見た目も含めてご紹介したいのですが……、訳あって最終工程の”塗り”が来年の春頃になりそうでして……、 現在の見た目は純和室にいきなり西洋式の暖炉がどーん! という安易な撮影セットみたいな感じなので、最終工程終えてから、自己満のSNSなどしよう、と思うとります。


夜も特等席で寝息をたてて陣取っております、あたり君。
ぼくもみれいさんもここに座りたいので、自然と暖炉の前に椅子が3つ並びそうです。
そうなってくると机も欲しくなります。ラジカセやレコードプレーヤーもあったらなおいいでしょうか。
こうしてあたたかいもののまわりにみんなあつまってくるのですなぁ


2021.12.09

つぶやきフクタロー 1

出会ったみんながみせてくれるものは
どんなものであれ ぼくの中のなにか 


2021.12.07

旅の愛棒

旅にでると、ほんとうに必要なものや頼れるものがよくわかります
(最近、二度ほど遠方に旅してきました)
冷えとり重ねばきの靴下とレギンス、このふたつはめっちゃ頼りになります
普段の生活からわかっていることですが……
このふたつが土台で、日常生活も成り立っているんだなぁ、とあらためて思い知らされました
どこへいくときも、健康なからだとこころで居れば、終始”ごきげんさま”、よいめぐりあわせに導かれるまま



そうそう最近アイヌの昔話の本を読んでいます。
お話では、自然の木々や草花の神、熊の神、きつねの神など動物たちの神、そしてちいさな鍋やまな板などひとつひとつの道具にまで神が宿っているとされています。
これこそ”八百万の神”という世界観。
きっと靴下やレギンスにも神々が住んでくれていますから、あらためて愛しの愛棒として、ともに過ごしていきたいと思います。


(福太郎)

2021.11.19

河合悠作品展 糧となり

河合悠さんの作品展が17日から開催中です(21日まで)。
悠さんもWEB展示会ははじめてだそうですが、
ぼくたちも蝋燭や“糧”という作品、その他一言では言いあらわせない多種な作品を扱う展示会ははじめて。
さらには悠さんの提案で、期間中毎夜深夜零時からのインスタlive、深夜のみにお店に並ぶ作品……、とはじめてのオンパレード!
深夜のインスタLiveは初日こそ悠さんの誕生日だったので(そう悠さんの誕生日にこの展示はスタートしたのです)、サプライズでラスト5分にトランペットをならしにいきましたが、普段10時には眠っているので、2、3日目は眠気に勝てず、リアルタイムで観ることができずに、翌朝にアーカイブを確認する感じ、深夜に並ぶ作品は未だ観ることができず……。
主催者ですらこんなんでいいのかな? と思いつつも、“いつでも、どこでも”のwebの特性を、悠さんらしく裏をかくというか、なんというか……2日間ですでに普段自分が捉えていたwebの概念が見事に取っ払われる展示となっています。
現時点で感じていることは“いつでも、どこでも”じゃないwebって逆に繋がっている感が強くなって、あたたかみが増しているような気がする”ということです。


なぜなんだろう? なにが作用しているんでしょう?
残り3日、答えがもらえるような、また全然違うことが思いつきそうな……
河合悠作品展 糧となり 静かに目が離せませんよ!
ぜひお時間がありましたら、のぞいてみてくださいね!
よし、今夜は起きてインスタLiveと真夜中限定作品をリアルタイムで観るぞ!

(福太郎)

2021.11.05

11月5日リニューアルオープン!

みなさま、こんにちは!
マーマーなブックスアンドソックス 秋店を改装openいたしました!
おおきく変わったポイントはカートが復活したことです!
“復活”と書きましたが、以前のカートがあったときのお店や自分たちの状況と比べると、今のお店の在りようは全然違うので、“復活”ではなく“あたらしくできた”、“あたらしく生まれた”・・・・“カート爆誕!!!”と書き直したいぐらいです。

約半年間、メールご注文をお客様からいただいてのやりとりは、わたしたちにとってほんとうにかけがえのない体験となりました。どうしてこのお店をオープンさせるのか? 自分たちがやりたいお店はどんなお店か? ひとつひとつのお届けものにのせたいものはなにか? そんな自分たちの土台を再構築させてもらった期間だったと思います。

これからはこのできあがった土台の上で、ますます楽しく、自分たちにしかできないようなお店をマーマーなブックスアンドソックス の妖精さんたちみんなでつくっていけたら、と思っています。
みなさま、一緒に遊んでください!

(福太郎)

2021.10.01

妖精おじさん雑記 1

福太郎です。今は水星逆行真っ只中だそうです。
今年最後の水星逆行期間(9月27日〜10月19日)。
昨日は、それっぽい凡ミスをして、関係各所に謝りの電話などたくさんしました。
でもそのおかげでというのはポジティブすぎるかもしれませんが、毎月仕事のやりとりはあるのに(注文・入金や請求書などのやりとり)、それ以外に電話もメールもSNSですらやりとりのなかった方々と何年かぶりに電話でお話できたり、お会いできたりしました。画面上で会うだけでも、電話の声だけでもいいから、向き合ってやりとりするの、いいなぁ〜、とつくづく思いました。まぁそのやりとりの3分の2はひたすらわたしが謝罪していたのですが……。
たまには凡ミスしてみるものです(どの口が言う! と各所から総ツッコミ!!)。

(福太郎)

2021.09.30

進化していきます。秋店。

あっという間に9月が終わろうとしています。
7日に秋店をオープンして、ほんとうにあっという間でした……。
あいかわらず「妖精タイミングでお届け!」なお店でいかせていただいておりますが、今年の春からメインの発送担当になりました。
「春と初夏店」「夏店」の最初の2シーズンは、正直いって「妖精タイミング」といいながらも、たくさんのお客様へのお届けをお待たせしてしまっていることや各種お問い合わせに対応できないことになどで、どん詰まりになってしまい、いっぱいいっぱいな時が多々ありました。でも「秋店」を20日とちょっと運営してみて、このシーズンは違います。いやあいかわらずお待たせしてしまう“妖精タイミング”は変わらないのですが、煮詰まることなく、自分の中では淡々といい感じでお届けできるようになったような気がします。お店始まって以来の夏休みを1か月とったことがよかったのかな? もしかしてわたし自身の発送スキルがあがったかも! なんて思っていたのですが、ちがうんです! 実は秋店(正確には夏店の最後の時期)から星野ご夫婦、ひとみさんというあたらしいスタッフの方を含め、元々のスタッフにも助けてもらうことをその人の得意分野ごとにはっきりさせて運営をしているからなのです。ちなみに声のメルマガのみのご注文、声のメルマガのすべてのご対応はアマミヤさんにしてもらっています。ほんとうにほんとうに助かっています!
あとはほんとうにわたしがみなさんに喜んでもらえる発送をするだけ! という状態にしてくれています。みれいさんや元々スタッフ、あたらしく手伝ってくれている方々のこと、このブログで少しずつご紹介していけたらなぁ、と思いながら、9月が終わってしまいました。どんどん進化していく秋店のこと、10月はたくさん書きたい!

(福太郎)

2021.09.09

秋店開店! 秋の絵のこと

9月7日、マーマーなブックスアンドソックス 秋店をオープンいたしました!
8月1日から約1か月間の夏休みをいただき……いやー楽しかったです!!
夏休みたくわえたものを、秋店にどんどん注いでいきたいと思います。

秋店の絵を描くリミットがもうギリギリまで迫っていたのですが、夏の間絵をまったく描かなかったせいか、ぜんぜん絵を描く気分になりませんでした。
しかしある日の朝、半身浴中に思い立ったのが、“和紙を細かくちぎってタペストリーをつくること”。それでほぼ1日で完成したのが写真のタペストリーです。


元々ストックしていた厚手の大判色付きの和紙を、水を含んだ刷毛で適当な大きさにちぎって、障子用ののりでペタペタとくっつけていきました。
お昼過ぎにおおきさや色の配置に煮詰まってしまい、よく遊びにいかせてもらっている美濃の手すき和紙職人さん加納武さんの工房におしかけました。

手すき和紙の原料となる楮を清水につけて加工しているところ

きれいな水の中の楮が日の光に照らされてきれいだった

加納さんに相手をしていただき、色々と話をしていたら加納さんが昔つくった和紙を出してきていただき、「あっ! できた!」とこのタペストリーの完成図が浮かび上がりました。


ずっと雨や曇りの日が続いていたのですが、タペストリーを作った日の翌々日、久しぶりに晴れた日があり、木漏れ日が差し込んだり、風でそよそよと揺れるタペストリーを眺めていたら、不思議なことに、むくむくと絵を描きたくなりました。

描いてみると、これは自分だけにわかることなのですが、この夏のぜんぶが含まれているような絵になりました。それでいて自分としてはこれからの秋の絵。秋の絵3〜4枚ほどトップ画像でスライドでご覧いただけます。

(福太郎)

2021.07.05

夏空駆け回ろう!

みなさま、こんにちは!
「マーマーなブックスアンドソックス 夏」が開店しました!
7月だけのお店です。
たくさん楽しんでいただけたらさいわいです!!


小社新刊の『いよいよはじまる、皇の時代』、そして服部みれいの最新刊『自分をたいせつにする本』(プリマー新書)というこの夏気持ちのよい場所でじっくり読んでいただきたい本が並んでおります。
さらにiai、野原、というぼくたちが大好きな一点もののセレクト品も並んでおります。

この夏はみなさま分のペガサスを描きたいと思っています。
一緒にとびのって夏空を駆けまわり、遊びまわりましょう!!

(福太郎)

2021.05.25

妖精おじさんの島のポストカード

みなさん、こんにちは!

先日、お店でこのwebショップの撮影をしているときのこと

窓ガラス越しにおばあちゃんが誰かと話している声が聞こえてきて、それは耳で聞いているだけでも楽しそうな雰囲気でした。ちらっと窓の外をみると向かいの家にたくさん並ぶ植木の前でおばあちゃんがひとり、身振り手振りオーバーリアクションで話している。あぁ家の中の人と話しているのか、と、なんとなくそのおばあちゃんが気になって、横目で追いつつ撮影を続けていたら、通りの向こうでおばあちゃんは誰かとまた会話をはじめた。「なによ〜そんな冗談いうの? あなたたち!」みたいに身振り手振りオーバーリアクション。あまりに楽しそうなので、お店の外に出て、おばあちゃんが話している相手が見えるところまで歩いていくと……、そこには鉢に植えられた花や植物しかなかった。そう、おばあちゃんはさっきからずっと家の前や駐車場の鉢に植えられた植物たちと話をしていたのです。おばあちゃんはクルッと道の反対側を向き、そこにある植木鉢たちに「やだ!あなたたちまでそんなこと言って! はははっ」とほんとうに楽しそうに笑って、朽ちて道路に落ちた葉や花を愛おしそうに拾ったりして、そのまま上機嫌で道を曲がっていった。おばあちゃんが植物とほんとうに話していたかどうかは置いておいて…、そのときぼくには植物や花たちがけっこう上機嫌で笑っているように見えたのです。
この出来事のちょっと前に「馬場のぼるさんの絵好きだなぁ」とみれいさんに言ったら「なんてことないように描かれた道端の花まで笑っているもんね」と言われて唸ったばかり。
おばあちゃんが見せてくれた世界は馬場のぼるさんと同じ世界だったのです! 道端でひとり唸りました。

うちのwebショップも、お店ですけれど、訪れてくれるみなさまが花が笑っているように感じていただけたらうれしいな、と思いました。

そう、ポストカードをつくりました!
絵を描いた本人としては、売り物になるとは思ってもみなかったのですが……
スタッフのみんなに後押しされ、それでも、おまけでみなさまに配ろう、としか思っていなかったのですが、インスタでポストカードを紹介したら、お客様から「いつ販売されますか?」と聞かれて、慌ててイラストレーターでうちの手伝いもしてくれている平松モモコさんに相談したら、5秒でセット売りと価格を決めてくれました。モモコさんとは、お互い自分のこととなると弱気な設定をしてしまうのですが、お互いのことを考える時には、けっこういい答えが導き出し合えている気がします。



ポストカード裏面には、架空の切手の絵が描いてあります。よぉ〜く見ないとわからないのですが「A fairy papas’ island」と描かれています、ようは「妖精おじさんの島」の切手、という設定です。

この英語表記も近所に住む英語講師も印鑑彫り師もなんでもこなすペーターゆうじさんに相談して、ひとつしかない妖精おじさん島ではなくて、“たくさんある妖精おじさんの島のひとつ”というニュアンスを入れました。
妖精おじさんの島がある、というだけでも笑えてくるのに、それがたくさん無数にあると思うと、さらに笑えてきませんか? ちょっとゾゾゾッとするぐらい笑

妖精おじさんの島の切手が貼られたポストカード、これからも作り続けたいなぁと思います。

(福太郎)

2021.05.19

ブラジャーについて

みなさま、こんにちは!

今日はたくさんいただいているお問い合わせの中から、
特にメールでご返信する際に、お伝えしづらいものについて
こちらのブログで書かせていただきたいと思います。

ずばり!!
ブラジャーについて!!

なにせぼくはブラジャーを着けたことがありません!
ただあえて答えさせていただくのは、自分たちのお店は冷えとり健康法のグッズを中心としながらも、そこにとどまることなく、みなさまが“心地よく生きること”=“本来の自分で生きること”を応援したいお店なんだ、と、ブラジャーのお問い合わせを多数いただいて、再認識したからです。
さらに妖精おじさんの追加ぼやきをさせていただきますと……
日々発送仕事でお一人お一人へのお届けものをつくっていると……
なんというかお客様に商品を送っている、という感じとは違うんです。
これ本来NGな発言かもしれませんが……。子どもに仕送りを送る実家のお母さんみたいな気持ちで送れたら一番いいな、と思っていますし、そこまでたどり着けなくても、親しい友人とか親戚とか……やっぱり同志というのかな……
まぁ……みなさまの妖精おじさんとして送らせてもらえたらうれしいな、というところに結局は落ち着くのですが……。


話がだいぶそれました!

ブラジャーです!!

当店で取り扱っているもののほとんどは、自分たちで実際に日常で使ったりして、「いいッ!」と思ったもののみです。
ブラジャーについては、基本的にみれいさんが実際に使って「いいッ!」となったもののみがラインナップされています。みれいさんは天然素材でなるべくしめつけ感のないものを選んでいます。

本日、made in earthさんのオーガニックコットンのブラジャーもお店に並べました。
ご覧いただけますとさいわいです。

あっあとブラジャーをしませんが、ぼくは乳首が透けてしまうのが気になって(いやん!)夏に白いTシャツを着る時に、絹の腹巻を胸の部分に巻いたりします。
冷たいものを飲んだり、クーラーでお腹が冷えてしまう方なんかには、本来折り返して二重にお腹を温めるものですがダブルの腹巻でお腹から胸まで覆ってしまうのもオススメです!
あっ絹の腹巻もお店に出さないと! 腹巻は20代の頃から、いろいろなものを試してきて、うちで取り扱わせてもらっているものがほんとうに良い! とオススメできます。 腹巻についてもいつか書きますね!

(福太郎)

2021.05.17

初夏って

こんにちは!

ようやくあたらしく商品をアップできるようになっている今日この頃
もう5月も半ばを過ぎてしまいました!
春が……
駆け足で過ぎ去っていこうとしています
なんせもう梅雨入りだそうです(観測史上もっともはやいとか!?)

マーマーなブックスアンドソックスをリニューアルするきっかけのひとつに、ぼくたちもお客様も四季を感じ合えるようなお店にしたかった、という思いがあります。

パッと思い浮かんだ四季の区分けは
・春と初夏(4〜6月)
・夏(7〜8月)
・秋(9〜11月)
・冬(12〜3月)

これはあくまでぼくが思いついた区分けで、人やお住いの地域でそれぞれの区分けがあると思います。そんななか自分で言うのもなんなのですが、“初夏”っていうのをこの四季の区分けに入れ込んだことが、ほんとうに自分でいうのもなんなのですが……、ナイスだな、と。
初夏っていったいいつ頃のこと?
初夏って何日ぐらいあるの?
初夏って甘酸っぱくない?
初夏っていいよな

そんなことを考えながら、みなさまそれぞれの初夏にmmbsに訪れていただいたときに、出会っていただきたい風景のひとつが、昨日夜にようやくアップできましたレギンスの写真です。

レギンスの下に敷いた布はかなり古いインドのお布団。譲ってくれた方が「なんだか踊っているみたい! わたしすきだわ!」と出会ったものだというエピソードを教えてくれました。
このお布団の上に置くと、あらふしぎ

レギンスも踊り出したのです

妖精さんたちも一緒に遊んでくれました


そんなわけで靴下たちも踊っています。

(福太郎)

2021.05.08

お届けしたいのは“この時間”

こんにちは!

だいぶ発送が追いついてきました……
お待たせしてしまったみなさま、ほんとうに申し訳ありません!

今日は久しぶりに小屋での時間を過ごしました
小屋の入り口の近くに桑の木があって
この季節になると日の出から太陽が真上に上がりきるまでのあいだ
木漏れ日が刻一刻と変化して小屋に差し込んできます

ぼくはその木漏れ日がほんとうにすきで
気持ちのいい心地よい時間を過ごすことができます

「発送でお届けしたいのは、この時間だ」と思いました

この時間をさしおいて、忙しく暮らすことは
お届け先のみなさまはもちろん、自分自身に反すること

いい景色をみて、いい風感じて、そんな“いい感じ”を
そのまんまお届けものに入れていきます

ぼくなりのアナログとハイテク(デジタル)を究極に融合させた発送は
お届けものが届いて、そのダンボールなり包みを見て、もしくは封を開いて
そんな”いい感じ“を感じてもらえる発送をすることなのかもしれません

お届けしたいものはまだまだたくさんあるので、
まずはそのものたちをお店に並べないと! 

いい感じでいきます

(福太郎)

2021.04.18

靴下のおおきさくらべ

こんにちは!
お客様からお問い合わせいただいたので
チャッと靴下のおおきさ比べをしてみました。

画像一番上から
・綿の先丸靴下Mサイズ

・綿の先丸靴下Lサイズ

・綿のハイソックスMサイズ

・綿のハイソックスLサイズ

です!

また近日中に実寸なども載せます。
(ハイソックスはまだ商品掲載もできていません。かわいいのです。こうご期待!)

ご注文をいただけているのに、ご返信がまだ届いていないお客様
ほんとうにお待たせして申し訳ございません。
まったく追いついておりません。
良き時にご返信できますように!

(福太郎)

2021.04.15

目がぐるぐるぐる

なんとなんと!!
こんなにも商品数が少ないお店なのに、昨日夜にリニューアルオープンしてからすでにたくさんのご注文をいただきました!! リニューアル前日は11人ぐらいしか訪れていなかったのに、リニューアル後にいっきに約5,000人の方が見てくれたそうです!!
ひゃーー!!!
福太郎の目はぐるぐるまわっております。
八の字無限大です!
でもでも、ほんとうに遅レスの遅発送となりますので、どうぞみなさま慌てずに?

リニューアルオープンすぐにご注文いただけた方々だけにでも返信をっ! と思って今日1日なんとかやりくりしてまいりましたが……、すみません! 「無理して送りたいメールとお荷物はひとつもねぇ!!」と言い切りたくて、このお店の生まれ変わりです。
今しばらくお待ちいただけますとさいわいです。

でもでもでも、ほんとうにありがとうございますっ!
しっかりとお届けでお伝えいたします!!

そうなんです。
明日からえみおわすの服 春展がはじまるのです!!!!
ぼくたちにとっては年に二回の祭りです。
どんなに目がぐるぐる回ろうと、派手にいきます!!

(福太郎)

2021.04.14

本日、マーマーなブックスアンドソックス、リニューアルOPENです!!

はなばなしくリニューアルの際にやりたかったこと、
お見せしたかったことがたくさんあったのですが……

まったく作業が追いつかず!! 
商品数がこんなにも少ない状態でのスタートとなってしまいました!(涙)

…………

気をとりなおして
ゆっくり少しずつご紹介したい商品を増やしていきたいと思います。
お買い上げいただかなくても、毎日のぞいていただくのが楽しみな場所になったら、ほんとうになによりです。

今回ウェブショップを2週間ですがおやすみさせていただき、約9年間この仕事に携わっておりますが、こんなことははじめてで、24時間365日開店稼働してくれていたウェブショップに感謝の思いが溢れるのと同時に、これからは定期的におやすみしてもらえたらなぁ、と考えております。

運営者自身も手探りの一から再スタートのお店です。
リラックスして一生懸命に運営していきます!
どうぞ宜しくお願いいたします。

(福太郎)

2021.03.10

3月末で販売終了のものが多々あります

みなさま、こんにちは!
土の中から、川のせせらぎの中から、鳥たちのさえずりから、陽の光から、いたるところから、あらゆる瞬間から、春になりつつある美濃です。

みなさまのお過ごしの地域ではいかがでしょうか。

ひきつづき4月14日のwebショップリニューアルにともなうことのご報告です。

今回は3月末で販売が一旦終了となるものについて。

今までも少人数で運営しておりましたが、4月14日以降はほぼ一人で運営させていただく予定のため、どうしても扱える商品数がググッと減ってしまいます。
今までご購入いただけたのに、今後はご購入いただけないものも多々出てきてしまうと思います。
当店を信頼してご購入いただいていたみなさまにはほんとうに申し訳ない気持ちでいっぱいです。
ただ自分たちの中で「できることとできないことをはっきりさせて、できることを一生懸命させてもらおう」ということでwebショップを運営させていただくことになりました。

リニューアル後も当店に訪れていただくことを楽しんでいただけるよう、どこまでも楽しんで準備していきます!

(福太郎)

2021.03.05

あたらしく生まれ変わります!

みなさま、こんにちは!
エムエム・ブックスのWebショップ マーマーなブックスアンドソックスのサイトリニューアルを4月14日10時に行います。
4月1日〜14日10時まで、リニューアル作業のためお店をおやすみさせていただきます。
よりわたしたちらしく、身の丈にあったお店に生まれ変わる予定です。
またこのブログで色々とお伝えできたらさいわいです。
楽しみにしていただけたらうれしいです。

(福太郎)