いよいよはじまる、皇の時代

  • 2,000円(税込2,200円)
この大転換期を「皇の時代」と呼ぶ「天縄文理論」とは? 世の中を動かす宇宙プログラムのしくみ、天変地異や異常気象の背景、大転換期特有の浄化のプロセス、皇の時代流の仕事・暮らし・経済・教育・人間関係。口コミで話題の『皇の時代』続編、待望の発刊です 

◎いよいよはじまる、皇の時代 ―天縄文理論はどのように生まれたのかー

□目次
はじめに

宇宙のプログラムによる新時代の始まり
宇宙のプログラムによる新時代の始まり|今までにない気象変動 ほか

縄文流の生き方
この理論が日本に生まれた理由|愛とは何か|これから日本は世界の中心になる ほか

私の不思議体験
私の不思議体験|私の実験体験 ほか

私の試練
私の試練 その一|私の試練 その二|無知だから腹が立つ ほか

師の実験エピソード

皇の時代の特徴
ダメ人間なんて本当にいるの?|何のために生まれてくるの?|山より大きな猪は出ない|自分の子どもは所有物?|不登校は悪いこと?|家庭内教育と職場の教育とは? ほか

おわりに


□スタッフ
著者|小山内洋子
装丁|中島基文
校閲|立花真紀
企画・編集|服部みれい
編集|アマミヤアンナ
発行人|服部みれい 

□発行
エムエム・ブックス

□発行日
2021年7月7日

□ページ数
296ページ

□サイズ
133mm×193mm(四六版・上製本)
販売価格 2,000円(税込2,200円)
購入数