服部みれい詩集 だからもう はい、すきですという

  • 1,300円(税込1,404円)
自費出版の詩集『甘い、甘い、甘くて甘い』につづき、一般に流通する書籍としては初の詩集となる本書。「わたしにとっての詩とは、どこかかたちにならない、意味と意味の間に位置するものである(あとがきより)」。自著や『マーマーマガジン』、ブログ、メルマガとはまた違う次元の「詩」という舞台で、キラキラと輝くことばたち。詩を読み進めていくうちに、こころの奥深いところで、共感したり、納得したり、考えはじめたり……。本をパタンと閉じるころには、身もこころも、きっとときほぐされているはずです。











<もくじ>



質問をする/とつぜんいらなくなってきた/悪いわね、先に行くわよ/わたしたち、装置/正しいを消去しつづける(毎秒ごとに)/ギャルのこころ/彗星のうた/性欲をつくえにおいてながめてみる/恋はうまれる/結婚について……ほか、44編を収録。







服部みれい詩集 だからもう はい、すきですという







服部みれい=著 



ナナロク社=刊



2013年3月18日発売



AD*寄藤文平+鈴木千賀子(文平銀座)











◎サイズ



125×172×10mm







◎平均重量



152g








販売価格 1,300円(税込1,404円)
購入数

上部へ戻る